2017-10

身軽になって - 2011.08.13 Sat

日頃から、この拙いブログを読んで下さっている皆様には、
この度のこと、ご心配をいただきまして、本当にありがとうございました。
お蔭様で身軽になって帰ってまいりました。

毎日朝晩の3頭引きで鍛えたこの身体、順調すぎる回復ぶりのため、予定より1日早く、
昨日、退院しました。

かわいいかわいい石ころちゃん
IMG_0457_20110812174944.jpg

摘出直後、私がまだ麻酔から醒めない間に、説明を受けたKAZが撮影した写真の胆石は、
もっと黄色が鮮やかで、ミニコーンが丸くなったような感じでした。
是非、お見せしたかったのですが、一緒に写っている胆嚢があまりにも生々しいので、
掲載するのはやめました。
おなかに開けた4箇所の穴も見ていただきたかったのですが、
なんせ、中年女の腹なので、これまたある意味生々しく。。。。やめておきますね。

初めての手術
私がイメージしていたのとちょっと違ってました。(テレビの見過ぎ)
ストレッチャーに乗せられて手術室へ向かい、「がんばるんだぞ!」と言ってくれるKAZと
手を握り合い、KAZとはそこでお別れ。
そして手術室では、「ヨイショッ!」って手術台へ移してもらえるのかと思っていましたが、
実際は自力歩行で行き、手術室の手前で、「じゃあ、行って来るね」とKAZはここまで。(これは同じ)
手術室に入ったら、手術台へは自分で「ヨイショッ!」って上がり、ゴロンと寝ました。
歩けるんだから当たり前ですね。

初めての入院
時代の流れなのでしょうか、病室は4人の大部屋だったんですが、
皆さん、カーテンを閉めてらっしゃるんです。
廊下を歩きながら見てみましたが、他の病室もみんなそうでした。
ちょっと前まで、お見舞いに行くと、他の入院患者さんに挨拶しながら入って行き、
みんなでおしゃべりしたりしていたと思うのですが・・・・
煩わしくなくて快適と思う時もありましたが、畳3枚分の広さをカーテンで仕切り、
その中でカーテンに向かって独りご飯を食べる寂しさ・・・・
空も緑も見えなくて独房にいるようで息が詰まりそうでした。
さすがにこのまま出て行くのもおかしいだろうと思い、退院の時に初めて同じ病室の方に、
「隣にいました○○です。」と挨拶してお話をさせていただきました。


私の病気は、胆嚢を摘出して傷が癒えれば完治するという単純な病気でしたが、
数日間、もっと重い病気と闘ってらっしゃる患者さんを目の当たりにして、
この年齢まで大きな病気もせずに来られた事は、決して当たり前ではないんだと実感しました。
実際、中学の時の大切な友達が、もう二人も亡くなっているし・・・・
私は、どちらかというと薄情で思いやりの欠けた奴なんです。
今回の経験から、やっと気付かされたということがたくさんありました。
それらを今後の人生に生かしていかなくてはと強く思いました。



やっと会えたよぉ
IMG_0434.jpg
何気に左手でおなかをかばい、「チト、そこは。。。。 あっ。。。。 左側は大丈夫。。。。」


あ~、幸せ~
IMG_0442_20110812174943.jpg
ハイハイ、ソファでゆっくりお話しましょ



健康は本当に大事ですね。
病気に罹ってしまうのは仕方がありませんが、予防と摂生で避けられる病気もあります。
皆さんも大切なご家族のためにちょっと気にかけて日々を過ごしてみて下さい。  私かっ

● COMMENT ●

祝!退院♪

みーんなお耳ぺったんシッポぶんぶんですねー♪嬉しいねー♪良かったねー♪
2番目写真のちゃぼ君は・・・これはぺろぺろ攻撃の寸前の写真!?・・・うらやましい!(笑)
やっぱりわんと一緒がいいですよね♪
隙あらば!の視線を感じつつのご飯も美味しいし♪傍にいてくれる温もりが(あっつくても)幸せで♪週末はワンと安静に(できるかな?^-^;)過ごして下さいね。

・・・で・・・石は貰えなかったんですか?笑

おかえりなさ~~い

一日早い退院おめでとうございます☆
ワンコたちは敏感なので
ただならぬ気配を感じて不安だったんでしょうね
だから久々に会えたのとママが元気になったのがわかりなおさらテンション↑↑↑

私が入院したのは20年以上前だし それもお産という嬉しい入院なので
病気入院とは違うのかも知れないけど
カーテンを閉めていると看護士さんが「開けますよ」と全開にしてました
ある程度のプライバシーは欲しいけど 
少しくらいお話したいですよね!!

祝!!ご退院

退院なさったとはいえ、しばらくは安静にして下さいね。
>私は、どちらかというと薄情で思いやりの欠けた奴なんです。
ふふふ、私もよく言われます。『犬に対する優しさの100分の1位人間にも優しかったらね、、。』って。

お帰りなさい

傷口は痛みませんか?
ワン達のお出迎えもいつも以上ってやっぱり異変は感じているんでしょうね
きっといつもより優しく接してくれているんでしょうね
病院のカーテン…私の時は看護士さんがみんな開けていました(防犯も兼ねていたそうです)。でも今は色んな症状の方が一緒に入らなきゃいけないので、話したくない人もいるみたいです
元気だと暇だったりですけどね(笑)

ゆっくり休んで下さいね

退院おめでとうございます

お帰りなさい。
ブログの様子だと切開せずに手術したみたいですね。
ワンたちの歓迎振りが微笑ましいブログです。
しばらくは無理せず、どうぞお大事に。

Re: 柴姉 さま

ありがとうございます。
お蔭様で短い入院で済みました。

そうです! ぺろぺろ攻撃寸前の写真です。
お風呂に入ってない私にぺろぺろしてくれるのはワンたちくらい(笑)

石は記念に貰えましたよ。
ステキな宝石箱を探して入れようと思います。

Re: 小鉄&斗和 さま

ありがとうございます。
お蔭様で短い入院ですみました。
でもワンたちに会えない時間は、とても長く感じました。

仕切られた空間で気楽は気楽だったんですが、薄いカーテン1枚の向こうから夜、
顔の知らない患者さんの眠れない様子や痛がってる様子が伝わってきて、
私のことも伝わっていたと思いますが、何か変な感じでした。
最初に思い切って挨拶をしておけばよかったです。

退院おめでとうございます

無事に退院出来たようで・・・よかったぁ!
わんこたちもずいぶんと喜んだでしょうね。
健康第一で頑張ってくださいね。

Re: 美具ママ さま

ありがとうございます。
せっかく早く出られたのですから、また戻されないように大人しくしていようと思います。

アハッ、美具ママさんもですか!
毛だらけのシッポのある生き物に対しては、100%見返りを求めない愛を注げるのですが、
自分と同じ形をした生き物となると、途端に・・・・
大きな声では言えませんが、人間として何か欠けてるかも

Re: クルルンママ さま

ご心配をおかけして申し訳ありません。
くしゃみや咳をしそうになるとグッと堪えてます。
身体に開けた4っの穴から何か出てきそうで・・・・
でも切った後よりは全然楽なようです。
お医者さんてすごいですね。

確かにそうかもしれません。
私のように単純な病気なら気持ちにゆとりもありますが、
入院してらっしゃる方々はそうでない方の方が多いですもんね。
またまた自分の浅はかで思いやりのない愚かさに気付かされました。。。。
クルルンママさん、ありがとう

Re: 葎楠 さま

ありがとうございます。
おかげさまで腹腔境手術で済みましたので早く退院できました。
痛みも切開手術に比べれば大したことないようですが、傷以外に肩の痛みがしばらく続いてます。
手術の時にガスを入れて身体を膨らませ、見え易くするため、肩に負担がかかるそうです。
頭と手足を除いて胴体が風船のようになっていたのかと想像すると笑ってしまいます。

Re: michi さま

ありがとうございます。
お蔭様であっという間の入院でした。(気持ち的には長かったけど・・・・)
済んでしまったことって忘れがちですが、ワンたちと少しでも長く楽しく暮らしていくために
摂生を心がけなくてはと思います。
まずは、腹八!腹八♪ これが一番難しいんですが・・・・

安心しました。

退院おめでとうございます。
ワンちゃん達、大喜びですね。
遊びすぎて傷口開かないようにして下さいね(笑
胆石、初めて見ました!
…ドッグフードみたいですね(笑)…スミマセン。

自分の健康管理は本当に難しいですよね。
でもワン達より先に逝く訳にはいかないのでお互いに気を付けましょう!

冷蔵庫が届かないため、なかなか引っ越しが出来ない状態ですが決まりましたらまた連絡したいと思います。

無理せず、ゆっくり静養して下さい。








Re: みゅう家族 さま

ありがとうございます。
お蔭様で最短で帰って来られました。
入院が延びることがあっても短くなることはないと思っていたの、でラッキーでした。
そして傷の痛みが治まったと思ったら、今は痒みとの闘ってます。
生きてる証拠、回復の証拠なので仕方ありませんね。

胆石は、ホント、ドッグフードみたいですね。(笑)
本当は、もっと全然綺麗な黄色だったのに・・・・
1粒の重さは、ドッグフードよりも軽いと思います。
形は人によって違うそうで、道に落ちてる石の様な場合もあるそうです。

引越しはその都度物入りで本当に大変ですね。
時間は掛かってしまうかもしれませんが、少しずつご自宅に近づいて行かれるよう祈ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkichi1.blog103.fc2.com/tb.php/330-439c6fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2回目の家族記念日 «  | BLOG TOP |  » 生まれて初めての

☆★☆里親募集中☆★☆

PC294537.jpg

仮名 蒼(あお)♂ 推定5歳

体重15.7kg フィラリア陰転

不良多頭飼育現場からレスキュー
PC294515.jpg

穏やかで優しい性格

お散歩大好き♪
PC294561.jpg

プロフィール

1.jpg

夢にまで見た犬との暮らしも

気付いてみたら、3頭に。。。

ふたりで一人前の夫婦が日々

犬の魅力にときめきながら

のろまに暮らしてます。

家族紹介

初代

凛 ♂

飼い主持ち込みで保健所へ

家族になった日 2005/2/5

先に旅立った日 2007/9/8


二代目
CIMG5152.jpg

コト ♀

ブリーダー放棄で保健所へ

家族になった日 2007/11/16

先に旅立った日 2009/7/4


三代目
IMG_7073.jpg

ちゃぼ ♂ 10歳

産まれて間もなく保健所へ

家族になった日 2007/12/22

誕  生  日(仮) 2007/3/5

親勝りな我が家の教育係


四代目
IMG_6578_20100916161302.jpg

まいる ♀ 12歳(推定)

不良多頭飼い出身

家族になった日 2009/8/16

誕  生  日(仮) 2005/9/10

お気楽 マイペース


五代目
IMG_7077.jpg

チト ♀ 8歳(推定)

不良多頭飼い出身

家族になった日 2010/4/29

誕  生  日(仮) 2009/4/29

人にはちょっと弱気

犬にはとっても強気


ミドリガメ
CIMG1673s[1]

ロボ  性別年齢不明

仕事中、猫に狙われているところを

漬け物石だと思い拾う


 ソ チ      ロメオ
PA300564_201411121708466dc.jpg




アセラブログ特集

bn20101115_1_ss.jpg

私達の暮らしを記事にしていただきました。

お時間がある時に覗いてみて下さい。

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
里親募集 (532)
1.シーザー (29)
2.ジュン (19)
3.はつゆき⇒JINAN (35)
4.八重 (33)
5.すずり (31)
6.ハレ (24)
7.のび太  (25)
8.シオ  (17)
9.のん太 (32)
10.チビ富士⇒リッツ (20)
11.なつた⇒ビルス (33)
12.ブー⇒ぶー子 (66)
13.蒼 (59)
里親募集その他 (60)
日常 (110)
ワンたち (57)
ワンのろ保育園 (15)
凛 (4)
コト (2)
ちゃぼ (30)
まいる (66)
チト (35)
ロボ (8)
ニャンたち (18)
ワンニャンたち (8)
旅行 (116)
帰省 (33)
伊豆 (31)
白馬 (33)
群馬 (11)
その他の旅 (8)
おでかけ (290)
伊豆マウンテンドッグラン (48)
ハイジの里 (49)
ドッグリゾートWoof (35)
すいらんグリーンパーク (4)
ドッグラン ひぬま (40)
ドッグラン もろやま (21)
その他のドッグラン (18)
ARCh(旧catnap)卒業犬オフ会 (7)
卒わん同窓会(旧白黒会) (27)
アンジー (3)
動物病院 (10)
その他のおでかけ (28)
レッスン (4)

リンク

犬、猫、里親さがし掲示板

いつでも里親募集中

チャリティーコンサート

banner3[1]

エントラプーレチャリティーコンサートVol.3

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード